ウィスキーじゃないニッカ

学生時代は吹奏楽部、銀縁メガネのもやしっ子。 だけど運動は好きだったし、そのうちに筋トレは日課に。 大学生の頃には、吹奏楽から軽音楽に変わり、 ぁっという間に月日は流れ、なんだかんだで40代。 ↑割愛し過ぎ?(笑) 音楽活動もいろいろだから、かな…

NEXTに繋がる夜をありがとう

ギターを持たせれば、かっこいいフレーズを弾くとか、 マイクを持たせれば、ものすごい歌唱力で歌うとか、 作曲をさせれば、キャッチーなメロディーを生むとか、 作詞をさせれば、素晴らしい言葉を並べるとか、 ミュージシャンに必要なものは、技術だったり…

宝物が眠る金曜日

こう見えて子供のころは、目立つことが苦手だった。 ましてや人前に立つなんて、確実に避けて通る性格だった。 そんな風に誰かの陰に隠れて、大人しく生きてきた僕が、 高校2年に上がった頃、吹奏楽部の部長をすることになった。 正直めちゃくちゃ嫌だった…

豆撒きよりも金曜日

子供のころによく作った、ガンダムのプラモデル。 組み立て終わったら、好きなポーズにキメて飾る。 楽しかったなぁ。。 だけど、プラモデルには弱点があった。 それは“可動部”いわゆる“関節部分”だ。 そもそも弱いプラスチック、そこへテコの原理で負荷がか…

今週末はネクスト トゥ ミー プリーズ

間柄というものに、形の決まりはないから、 丸もあれば四角もあれば、ギザギザもあれば何でもありなのだ。 端から見て歪な形でも、バランスが取れていればいい。 一昔前の時代なら、そうでなかっただろうけど、 今は多様性の時代、尚更に様々な形がある。 「…

世界にハロー!

出来る出来ないは別にして、興味だけは持っているので、 大学生の時は興味本位だけで、「宇宙論」という授業を選択していた。 案の定、ついていけなかった(笑) でも今もし学生に戻れたとしたら、もう一度「宇宙論」を選択するだろう。 また途中下車するかも…

何パンツでもグイッとして

慌ただしい年末年始、ドタバタと突入した2023年。 そのド頭の一ヶ月が、今日で過ぎ去ってしまう。 ライブ会場やネット上で、多くの出会いや再会があった一ヶ月。 その場だけではなく、未来への期待膨らむ一ヶ月だった。 幸先いいスタートだ(^^) そんな「…

Always新発売!

僕がまだまだ幼い頃、昭和も昭和の話なのだけど、 志村けんさんがモチーフとなった、『ケンちゃんラーメン』という、 子供心をグッと掴んだ、カップラーメンがあった。 変なおじさんやバカ殿など、ケンちゃんシール付きという、 今から考えても珍しい、オマ…

ステージウォーカー

いつの時代も“情報”は、人々に大きな影響を及ぼしてきた。 それは誰かの恋事情など、巷のほんの小さな噂話から、 世界を揺るがすような、国規模の大きなものまで、 あらゆる場面において、力を持っているもので、 時には“情報操作”なんてことも行われて来た…

珍さんの金曜日

人が眠りにつく時間。人が夢を見る時間。 そう言うところに、お宝は眠っていたりする。 真夜中のカップ麺がやたら美味しいのも、もしかしたらその一つなのかもしれない。 “人と違う場所へ行く”“人と違うことをする” これも人生における、一つのヒントのよう…

今夜でしょ!の金曜日

今では多くの人たちが、“出会い”をアプリで得るらしい。 臆病な僕には、ちょっとハードルが高いけど、 好みや趣味や条件など、いろいろと絞れるわけだから、 効率的というメリットを、否定することはやはりできない。 そして考えようによっては、ある種のロ…

ロックは2倍にして行こう

“思わぬところに思わぬものが” これは人生における、ヒントのように思っている。 その昔ペット売り場で働いていたのだけど、ある夏のお祭りフェアで、 「ミドリ亀プレゼント」 みたいな感じの、大セールが開催された。 ミドリ亀を売るではなく、無料でプレゼ…

入魂の水曜日

ラーメン一杯に命を注ぐ!大袈裟に聞こえるかもしれないけど、 本当に“熱いラーメン”とは、そういうことなのだと思う。 要するに、スープの温度のことではないのだ。 猫舌の人でも食べられるし、むしろ冷麺でも熱いラーメンは熱いのだ。 何が言いたいかとい…

キラキララッシュを求めて

どこまで行ってみても、ゴールは遠のくばかりで、 ドアの向こうには、また次のドアが待っているような。 夢というのは、そういうものなのだろう。 歌にしてもギターにしても、作詞にしても作曲にしても、 足しても足しても、足りないものが見えてくる。 膨張…

伊灯の輝く夜をありがとう

日本で初めて電灯が灯ったのは、明治20年1月22日のことらしい。 夜中に本を読んだり内職したり、夜の過ごし方が変わっただろうし、 危ない夜道を明るくしたり、事件だって減ったはず。 電気が暗闇を照らしたことで、人々の生活は激変したのだ。 そして…

音と幸せの波を起こして

獲りたての魚を捌いて、抜群に美味しいお刺身を食べれたり、 内陸では食べれない、珍しいお魚を食べれたり、 漁師さんたちには、漁師の特権というものがあるだろうし、 家族や恋人の髪を切ったり、ヘアメイクをしてあげたり、 毎日の気分を明るく、誰かを笑…

ホニャララ~ラララの金曜日

涙の数だけホニャララ~ラララ♪ これだけでもメロディーが浮かぶほど、超ミラクル有名な曲があるけど、 人というのは本当に、そうやって成長するのだ。 教科書を読むだけでは分からない、涙が教えてくれることがある。 怪我をして痛みを知り、強く優しくなれ…

ポッカポカの~金曜日♪

夜空に星が輝くように、寒空に息が白くなるように、 光は暗闇でこそ見えるし、息は寒さの中で色が付く。 真冬にこそ感じられる、温もりというものがある。 寒いのは辛いけど、だから熱い鍋が美味しいし、 寒いのは寂しいけど、だから愛を感じられる。 夜や冬…

直輝あらため空気清浄輝

何かしらの排気ガスだったり、光化学スモッグだったり、 僕たちは日常で知らず知らず、いろいろ吸い込みながら生きているのだろう。 その上で季節ごとに、スギやヒノキや各種花粉で悩まされ、 さらに今はコロナウィルスに、そしてインフルエンザウィルスなど…

パーリーナ伊藤

オシャレな広~い部屋で、ムーディーな音楽を流して、 ワインにブランデーにカクテルに、チーズの盛り合わせなんて用意して、 ゆったりソファーに腰を埋めて、友達とわいわいパーティーをしたい。 なんていうセレブな夢も、もちろん“ない”とは言わないけど、…

未来も生きているように

美味しいとか嬉しいとか、楽しいとか面白いとか、 感情というものは、その瞬間に感じるものだから、 やはり「今」というのは、当たり前に大切なこと。 いろんな出来事がある毎日、明日がある保証などないわけだから、 尚更に「今」というのは、当たり前に大…

変身ベルトをありがとう

僕も子供のころは、例に漏れず“変身”に憧れた。 伊達メガネを目に当てて、ウルトラセブンに何度変身したことか(笑) 両腕を大きく回して、仮面ライダーに何度変身したことか(笑) そのうちに憧れも、アニメのキャラクター、 シティーハンターの冴羽獠、ドラゴ…

まほろばナイトをありがとう!

己を持つことは大切である。ブレないことは大切である。 己を突き通すことも、もちろん大切なのだけど、 周りのことなど気にしない、ということでは決してない。 図書館でシャウトするような、そんなことではないのである。 ホテルでディナーをするならば、…

ボケないところに笑いは起こらぬ金曜日

“完全”を目指すことは大切だけど、“不完全”を恐れてもいけない。 “不完全”を積み重ねてこそ、“完全”は生まれるものなのだから。 動かなければ、何も始まらないのである。 スベったっていいじゃないか、怪我したっていいじゃないか、 ボケなければ、笑いは生…

もうどうにも金曜日

「タバコは体に良くないよ」なんてどれだけ言われても、 タバコが大好きな人は、タバコが止められないように、 好きな気持ちというのは、簡単には止められないものである。 それがもし、 「体にも心にもめっちゃ良いよ」 なんて言われたら・・・ もうどうに…

暴れん坊将軍の週末

好き嫌いは特になく、基本的には何でも食べる。 ヘビやウサギや昆虫など、珍味はさすがに苦手だけど、 小学生の頃、給食で何かを残してしまう、 みたいなことは、当時から全くなく今に至る。 いわゆる僕の舌は、お利口さんなのである。 よしよしヾ(・ω・`) …

完成できますように

学生時代は国語が苦手で、読書も全くしなかったし、 授業はほぼ聴いてなかったし(笑)成績は本当にギリギリだった。 たぶん今でもきっと、得意ではないのだろうけど、 作詞をするようになってからは、興味を持つようになり、 とりわけ“言葉”には、細心の注意…

今日は僕の日でお願いします

ずっと走り続けてるような、そんな感覚で一年はいつも過ぎる。 昨年もその通り、本当にあっという間に過ぎ去った。 疾風のように現れて、疾風のように去ってゆく、、、 もしかしたら僕は、 “月光仮面なのではないか?!” と錯覚することすらある・・・。 ↑噓…

愛でたいスタートをありがとう

チャーハンひとつにしたって、さまざまなチャーハンが存在する。 それは作り手によっても変わるし、中に入れる具材によっても変わる。 もっと言えば作り手が同じでも、中に入れる具材が同じでも、 その作り方だったり、火加減でも変わるだろう。 さらにもっ…

ロボットには出来ない夜を

ラジオにしろライブにしろ、生のステージというのは、 どれだけ準備をしても、どれだけ練習をしても、 蓋を開けてみるまでは、どうなるかは分からない。 もちろんだからこそ、最大限の準備と練習が必要なのだけど、 どこまで突き詰めても、人というはロボッ…